« 武器生産の日々 | メイン | 久々にEQ2の話題 »

T-C雑感

UCGOのテストサーバがオープンになりました。Test-Center(通称T-C)に早速入ってみます。

11月実装予定のMS、近接戦闘、野営テント、重量の概念、MSとタンクのコンテナの縮小が導入されていました。部隊作成はまだらしい。
まずyotakoで武器生産をチェック。ジオンに導入された近接武器は、50以下でほぼ作成できるようですね。早速試してみますが、裏スキルの影響か、なかなか成功しません。w
やっとこさザクのheat hawkのEX品が出来たところでキャラチェンジ。yotaroで試し切りしてみます。

ダメージ量
GMコマ:ノーマル品、EX品、共に5回hitで破壊。平均、20~25%程度のダメージ?
量産ガンタンク:ノーマル品7回、EX品6回で破壊。
61式:ヒートホーク2発で撃墜。ヽ(´ー`)ノ
近接戦闘skillが低いので、まだまだダメージ量にもムラがあるだろうし、平均ダメージも低いと思います。なのでskillが上がればなかなかのダメージ量が期待できます。
ちなみに、FZでGMコマのビームサーベルを受けましたが、1回で10~15%のダメージでした。高skill PCの強力ビームサーベルEX品での攻撃はかなり痛そうですね。

感想
近接武器ですが、EX heat hawkでも一振りすると、武器が3%壊れます。おおよそ、4~5機壊したところで斧が壊れます。弱すぎ。
コンテナが小さくなり重量制限も出たため、スキル上げのために大量の斧を持って歩くのはつらそうです。少なくともlootはできません。itemの破壊が導入されないと、またゴミが散乱しそうです。
このままだと、近接戦闘skillを上げるかどうかは微妙ですかねぇ。
マシンガン、キャノン、バズーカのフルセットで弾丸とリペ剤を限界まで積むと重量オーバー。すぐ壊れる近接武器を持ち歩くメリットはないかもしれません。
無理やりメリットを挙げれば、、、テント引きこもり対策にはなりそうなダメージ量です。w

新規導入で満足したのは、使用できる武器出来ない武器が、武器屋さんで購入時に判別できることですかね。他は、、、野営テントは試していませんが、試したものはちょっとね。あ、フラスターのエフェクトが綺麗になりました。これはいい。

MMORPGどころか、パソコンでやるゲームを初めてやってみます的なガノタが多い現在、対戦型ガンダムアーケードゲームに慣れている人が多いわけですから、見た目や戦闘方法にかなり不満が出るでしょうね。エフェクトは使いまわしだし、このままでは過疎化が進みそうです。
MMORPGに慣れた人からしてみても、アレですけどね。w

コメントを投稿

About

2005年10月27日 11:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「武器生産の日々」です。

次の投稿は「久々にEQ2の話題」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。